贈りもの

最近見た商品

日本の定番茶

日本の定番茶

日本の定番茶秋冬の番茶

細く曲がりくねった山道を駆け上がった先に広がったのは、太陽の光をつやつやの葉で受け止めて、きらきらと光る茶畑でした。 近年、消費者のお茶離れが進み、いわゆる耕作放棄地が増えて、茶産地の衰退が進んでいます。
この美しい茶畑を残していくために、もっと気軽でおいしいお茶を届けたい。 そんな想いでわたしたちが行き着いたのが、「番茶」です。
熱湯でいれても苦みが出にくく、カフェイン量も少ない。長時間置いても渋くなりにくい番茶は、「誰がいれても、誰が飲んでも、いつでもおいしい、暮らしのお茶」。 わたしたちは、番茶とともに「おいしいお茶のある日本の暮らし」を伝えていきます。

English site

番茶は風土のお茶

番茶は風土のお茶

番茶とは、煎茶に使われる新芽のやわらかな部分以外を原料にしたお茶のこと。大きく固い葉や茎も丸ごと活かし、日本各地の風土や食文化に合わせておおらかに飲み継がれてきたお茶です。そんな番茶の良さを見直し、毎日飲みたくなるお茶として生まれたのが、「日本の定番茶 番茶」シリーズです。


ティーバッグタイプだからいれ方はカンタン

手軽に入れられるティーバッグタイプで、温かいお茶も冷たいお茶も、どちらも簡単においしくいれられます。

  • お湯出しの場合

    お湯出しの場合

    急須やボトルに熱湯500mlを注ぎ、ティーバッグ1つを入れてください。3分でおいしい番茶が出来上がります。

  • 水出しの場合

    水出しの場合

    ボトルに水500mlを注ぎ、ティーバッグ1つを入れてください。2時間~ひと晩ほどでおいしくお召し上がりいただけます。


包装紙で愉しむお茶時間

  • 水出しの場合

    茶葉を天日に干す風景など、素朴な茶園の風景が描かれたパッケージを開くと、内側にはお茶の紹介がぎっしり。味の特徴や生産地の紹介、おいしいいれ方、お茶に合うお菓子など、お茶時間をいっそう愉しんでいただくための読みものに仕立てています。

    包装紙とリーフレットを兼ねることで、紙の削減になるだけでなく、贈りものとしてもらったときにもうれしいパッケージを目指しました。


四季を愉しむ、季節の番茶

「これも番茶?」と、その香りや味わいの個性にびっくりしていただけるような番茶を季節限定でご用意しました。


風土と人が育んだ、 定番の4つの番茶

番茶づくりをともにしたのは、奈良に根付く茶園です。耕作放棄地を解消し自然栽培にこだわる「健一自然農園」をはじめ、嘉兵衛本舗、製茶農園大和園、月ヶ瀬健康茶園の4つの茶園と共同開発しました。まずは定番の4種からお試しいただき、好みのものを見つけてください。お試し用やギフト向けの小袋(3包入)と、自家用の大袋(15包入)の2種類を用意しています。

こちらもおすすめ

48の商品

並べ替え
発売日
価格(高い順)
価格(安い順)
48件あります
閉じる
カートに入りました
カートを見る

あなたにおすすめの特集