風土と人がつくるもの。

全ての工芸は、風土の影響を受けています。
使う人たちの暮らしをつくる風土。
道具をつくるための材料としての風土。
そこには、自然が育む「豊かさ」があります。

全ての工芸は、
人の手を介してつくられています。
人の暮らしに寄り添いながら、
暮らしの役に立つように、
少しずつ少しずつ形を変えて進化しています。
そこには、人の持つ「真面目さ」があります。

工芸は、風土と人がつくるもの。
気がつけば、わたしたち日本人は、
生まれてからずっと工芸と一緒です。

ずっとあるもの。残したいもの。
一〇〇年先の日本に工芸がありますように。

日本の工芸が教えてくれる
暮らしかた、生きかた。
中川政七商店

2020年世界中に蔓延した混沌。
当たり前が当たり前でなくなっていく暮らしの中で向き合った
我々中川政七商店が大切にしたいこと、
我々が残したいと願う工芸の正体。
それは、日本の風土と人の営みそのものでもありました。

ありとあらゆる便利が追及され、モノがあふれる今だからこそ
自分で自分の豊かさを決める時代。
工芸が私たちに教えてくれることはたくさんあります。

失われるままではなく、進化を繰り返しながら
100年先の日本に工芸を繋いでいきたいと思います。
株式会社中川政七商店
代表取締役社長
十四代 千石あや

中川政七商店について

一〇〇年先も工芸が人々の暮らしと共にあるように。これからも私たちは全力で日本の工芸を元気にします。

日本全国の工芸について

産地で育まれる素材、つくり手の技術や知恵、そしてものに込められた想いなど、
日々向き合うものづくりの中で、わたしたちが触れる工芸の豊かさ。
みなさまにもその魅力をお裾分けできればと思い、読みものをお届けしています。
日本全国の工芸の物語に触れてみませんか。

工芸百科辞典工芸百科辞典

メールマガジン登録は
こちらから

中川政七商店では、日本全国の工芸をベースにつくられた商品情報や、
ものづくりの背景をお届けする読みものなど、メールマガジンで様々な情報をお届けしています。
ぜひご登録ください。