贈りもの

親子で楽しむ お重とおせち

親子で楽しむ お重とおせち 親子で楽しむ お重とおせち

親子で楽しむ お重とおせち

おせち料理をつめるお重には、昔からハレの日にふさわしい装飾をほどこしたものが用いられてきました。今年のお正月支度は、親子で「白木のお重」におめでたい絵柄を描き、福を呼び込むお重づくりからはじめてみましょう。

ご予約受付は終了いたしました

親子で楽しくお正月支度型絵染でお重を作ろう!

親子で楽しくお正月支度
型絵染でお重を作ろう!

かつて貝を使った螺鈿(らでん)や金を使った蒔絵(まきえ)で、豪華に飾り付けられたお重は、お祝いやおめでたい日の道具として使われてきたといいます。今回はお子様でも簡単にできる「型絵染(かたえぞめ)」の技法を使ってお重を自分だけの模様にアレンジ。親子で楽しくお正月のお祝いにふさわしく飾り付けていきましょう!


型絵染って何?

型絵染って何?

型絵染とは、古くからある布に模様を付ける技法です。丈夫な和紙に下絵を描いて型を作り、模様通りに色がつくようにして、描いていきます。型を使うので、繰り返し模様を付けられるのところが魅力です。

型絵を使って彩り豊かに飾り付け

型絵を使って彩り豊かに飾り付け

今回は色鉛筆をつかって、白木のお重を飾り付けます。型絵には松竹梅や瓢箪(ひょうたん)、扇など縁起の良い文様をご用意しました。古くから伝わる文様には願いが込められており、昔の人々はそれを組み合わせることで、最上級のおめでたさを表しました。長寿や繁栄を願う文様でお重を彩りましょう。

できあがりは十人十色

できあがりは十人十色

選ぶ型絵のモチーフや色使い、どこに絵柄を配置するかなど。できあがりは世界にひとつだけのお重になります。シンプルな白木のお重には、色鉛筆でつけたやわらかな色彩がとてもよく映えます。


図案の例はこちら

文様を組み合わせてみよう

昔の人々は、日本の文様を組み合わせることで、最上級のおめでたさを表現してきました。上手に組み合わせて、お重を彩りましょう。

お子さまにも安心安全な無添加調理

三階松(さんがいまつ)

家紋をはじめとして古くから用いられた、松を三層に重ねた図案です。松は健康で長生きできるようにという願いの他に、神様をお迎えするアンテナのような役割をする植物ともいわれています。

お子さまにも安心安全な無添加調理

六瓢箪(むびょうたん)

瓢箪を6つ並べた図案を「六瓢箪」と呼びます。「無病息災」の語呂合わせで、病気をせず、健康でいられるようにと願いを込めた縁起のよい図案です。

お子さまにも安心安全な無添加調理

右紅左白(うこうさはく)

中国の古い文化に由来して、日本にも「右側に華やかなものを据える」慣習があります。紅は「めでたさ」を、白は「神聖」を表す色といわれることから、右側に紅、左側に白をかざりましょう。


飾り付けたお重でおせちを味わう

飾り付けたお重で
おせちを味わう

一年の幸せや健康を願い、年神様へのお供え物として用意するおせち料理。一つひとつの料理に、縁起のいい意味が込められています。今回はおせちを作り続けて今年で76年。培ってきた熟練の技術と伝統をつなぐ、石井食品とのコラボレーションです。


お子さまにも安心安全な無添加調理

あらためて知る、
おせちにこめられた意味や願い

海老や昆布巻、栗きんとんなど、実はすべてにおめでたい意味や願いがこめられているのがおせち料理。付属の冊子にそれぞれの意味をわかりやすくまとめました。先人の知恵や願いを知ると、おせち料理がもっと楽しく、おいしくなるかもしれませんね。

親子で楽しむ お重とおせち

お子さまにも安心安全な国産原料・無添加調理にこだわった、石井食品のおせちとともにお届けします

石井食品の手掛けるおせちに使う食材の主な原料はすべて国産。また製造過程においては、食品添加物を使用せず調理・加工を行う「無添加調理」を貫いております。お子さまにも安心安全なおせちをお届けします。冷凍するとおいしさを損ねる料理は殺菌工程を経て、外気に触れず簡単に温めることができる個別包装にしています。※木製トレーはセットに含まれません

詳しくはこちら

  • 親子で楽しむ お重とおせち

    食べ終わったお重はせっかくの絵柄を活かして2次利用。糸巻きやはぎれをまとめたちいさな裁縫箱にしてみたり。

  • 親子で楽しむ お重とおせち

    お子さまの使う、文具や細かいおもちゃなどをまとめるお道具箱にしたり。


こちらもおすすめ

閉じる
カートに入りました
カートを見る