sazare

さざれとは「こまなか」「こまかな石」を意味する言葉です。 日本の国歌にも登場する「さざれ」は、さざれ石(こまかな石)が千年、八千年という遠 い歳月をかけ、積もり積もって、巌(大岩)となり、その上に苔が生えるという情景が詠 われています。日本の実直なものづくりは細部に現れます。このこまかなものごとを、作 り手、使い手、たくさんの人々と、一緒にかたちづくり、巌となり、苔が生えるほどに長 く続いていくこと。 それが私たちの願いです。

その他の記事

よみものTOPに戻る