贈りもの

奈良生まれのスニーカー TOUN(トウン)

奈良生まれのスニーカー TOUN(トウン)

奈良生まれのスニーカー TOUN(トウン)奈良生まれのスニーカー TOUN(トウン)

奈良の老舗革靴メーカーオリエンタルシューズから生まれたスニーカーブランド「TOUN(トウン)」をご紹介します。歴史×技術×機能 といった視点からデザインされたスニーカーは、時代を経ても、どこか懐かしい、でも新しい。スエード生地によって洗練された落ち着きを感じるスニーカーになっているので、カジュアルになりすぎないスニーカーを探していた方にもおすすめです。

  • HEPサンダルHTL

    ブランドについて

    古くは城下町、文化の交差点として栄えてきた奈良県北部に位置する大和郡山市。その地で70年にわたり靴作りを行ってきたオリエンタルシューズが歴史・技術・機能といった視点から、製造業や手工業からの連鎖を生み、文化の多様性を紡いでいくために、奈良で作ること、考えること、形にすることを大切にしたブランドです。

  • 裏地がないからやわらかい履き心地

    裏地がないからやわらかい履き心地

    アンライニングとは「ライナー(裏地)がない」という意味です。通常、革靴は表革と裏革の2枚の革を重ねて使いますが、TOUNは表革を1枚に、裏革を最小限にすることで、足あたりが柔らかくなっています。表裏の2重構造よりも革の伸びが出やすいので、吸い付くような履き心地が生まれます。

  • 歩きやすくて快適なカップインソール

    歩きやすくて快適なカップインソール

    足に触れる部分なので、TOUNのインソールの表面は豚革になっています。豚革は、軽量で、通気性や吸湿性にも優れた素材なので、夏でも蒸れにくく、清潔に履くことができます。 ベースには、弾力性を持たせたスポンジ素材を採用。アスファルトの固さを吸収し、足裏への負荷を分散してくれるます。一方で、グニュグニュしすぎないので安定感もあり、疲れにくいです。

  • タイトな木型でつくりあげるホールド感

    タイトな木型でつくりあげるホールド感

    木型というのは靴の形を決める原型のことです。人間工学に基づいて、履き続けても疲れにくい、オリジナルの木型を作りました。フィッティングで重要な「しっかり足を甲で止めること」に重きをおいた木型です。

  • 革靴づくりのノウハウを生かした丈夫さと革の品質

    革靴づくりのノウハウを生かした丈夫さと革の品質

    専用の機械で、ソールとアッパーの側面を一周縫い付ける工程をサイドマッケイといいます。スニーカーでたまに発生する、靴底が外れることの発生を防ぐための、革靴づくりの技術です。

  • 革靴づくりのノウハウを生かした丈夫さと革の品質

    シャンクは、アッパーとソールの間に入っているスチール製の細長いプレートです。靴が間違った方向に反らないよう、陰ながら支えてくれています。実はフラットなソールのスニーカーには入っていないものが多く、その違いを体感することは少ないのですが、TOUNはシャンクという革靴ならではの部材を活かすことによって、耐久性を高めています。

  • 革靴づくりのノウハウを生かした丈夫さと革の品質

    TOUNに採用している革は、しっかりした厚みとコシのある牛革スエードです。丈夫で肌触りがよく、手入れがしやすいのが特徴です。

Five

スニーカーのはじまり、デッキシューズがモチーフ Five

ソールからアッパーまでのやさしいグラデーションカラーが遊び心と洗練された印象のあるレザースニーカー。普段履きしやすいローカットデザインで柔らかさとフィット感のバランスが良いモデル。

  • Five
  • Five
  • Five
  • Five

商品一覧はこちら

Seven

ストリートの定番アイテムとして発展した競技用シューズがモチーフ Seven

ソールからアッパーまでのやさしいグラデーションカラーが遊び心と洗練された印象のあるレザースニーカー。TOUNのなかで唯一のミドルカットで、サイドを補強するパーツにより、しっかりとした歩き心地と、耐久性を備えています。

  • 商品名
  • 商品名
  • 商品名
  • 商品名

商品一覧はこちら


77の商品

表示方法
ピックアップ
詳細一覧
並べ替え
発売日
価格(高い順)
価格(安い順)
77件あります
閉じる
カートに入りました
カートを見る