【わたしの好きなもの】 着けるタートルネック洗えるウール

厚着しない私の防寒術

秋冬の防寒に欠かせないマフラーやストール。
外出するときは自然と身につけることが多いですが、お家ではどうでしょう?
寒いからといって室内でもマフラーを巻いている人は少ないと思います。
でも防寒しないと首元がスッと寒い。 タートルネックの服を重ねるとちょっと暑い。
そんなときにちょうどいいのが「着けるタートルネック」です。

まるでインナーにタートルネックニットを重ねているような見た目。 でも実際に布が重なってる部分は首元だけなので、防寒しながらすっきりとした着こなしになります。

通常のネックウォーマーよりも広い範囲を覆い、首元だけでなく、冷えやすい背中や肩まで温められます。こうやってうつむいたときにも、服と肌の隙間を埋めるように体に沿うので、冷気が入ってくるのを防いでくれます。


お出かけのときに「便利だな」と思ったのは、スタンドカラーのアウターを着ても首元がかさばらないこと。秋冬のアウターは首元の風除けに衿元が立っているデザインが多いですが、その上からさらにマフラーを巻くとごわついて、肩が凝ってしまうことがあります。そうならずに、すっきりとアウターを着られるのでうれしいです。

ハンカチよりも小さいサイズなので、ポケットやいつものかばんに入れておいて、使いたいときにさっと取り出して使える手軽さもうれしいポイント。
私は家にいるときにこちらを使うことが多いですが、家事をするとき、ゴミ捨てに行くとき、寒いベランダで物干しをするときなど欠かさず身につけています。
ウール100%ですが、お家でお手入れができるので、毎日気兼ねなく使えます。 家でも外でも大活躍の「着けるタートルネック」は、おすすめしたい私の防寒術です。

編集担当 今井

その他の記事

よみものTOPに戻る