遊 中川テキスタイル ドビー織の金魚

遊 中川テキスタイル ドビー織の金魚

日本の夏の風物詩、金魚をモチーフに、兵庫県西脇で織られる播州織でテキスタイルをつくりました。播州織はワイシャツなどの衣類に使われることの多い先染めの織物で、起源は1700年頃まで遡るといわれています。金魚柄に用いられた手法は、ドビー織の一種で「カットドビー」と呼ばれるもの。色糸で柄を浮き出させて織った後、引っかかりを防ぐため裏に出てきた糸をカットして仕上げます。立体感のある柄が独特の表情を醸し出すテキスタイルです。


10の商品

表示方法
ピックアップ
詳細一覧
並べ替え
発売日
価格(高い順)
価格(安い順)
10件あります
閉じる
カートに入りました
カートを見る