ひいらぎのお念珠

ひいらぎのお念珠

繊細でモダンなお念珠を手がける「ひいらぎ」。ひいらぎさんは、お念珠に大切なものは「珠」「房」「組み」と考え明るい色を使わないほうがいい、同系色で揃える、などはちょっとした思い込みで、積極的に持ちたいと思えるお念珠の色合わせを提案しています。

今回、オンラインショップ限定の色合わせのお念珠を作りました。珠と房の種類や色を、100通り以上に及ぶ組み合わせから選びました。大人の女性に似合う色合わせや、ご夫婦で使っていただける「珠」の種類を合わせたものを、ご用意しました。 ずっと大切にしたい特別な一本として、持っていただきたいお念珠です。


お念珠をもっと身近なものに
お念珠のイメージは、お悔やみの場でのイメージが強いですが、ひいらぎでは生活にもっと身近なものであってほしいという思いがあります。
お守りとして、鞄に入れておいたり、試験などの大切な日に持っていったり。パワースポットなど旅行に持っていくのもいいですよ。珠にはその場の空気を溜める力があるといわれているそうです。気持ちのよい場所へ一緒に連れていって、いい気を集めてみるのもいいかもしれません。
正式な仏事にお使いください
これまでに見たことのない組み合わせのお念珠かもしれませんが、斬新すぎるように見えるものでさえ、正式な仏事にもお使いいただけるようきちんと考えています。
ひいらぎさんは、元来片手念珠には色の組み合わせのタブーはないということを、長らく念珠に携わってきた専門の方に伺いながら取り組んでこられました。 積極的に持ちたいと思えるお念珠を、今回ひいらぎさんと一緒に考えました。

ひいらぎのこだわり

  • 「珠」

    「珠」通常の珠よりも大きめの穴を開け、穴の内部の研磨を何度も繰り返し、仕上げに穴口の面を取ります。 そうすることで、糸切れを起こしにくいしっかりとしたお念珠が仕立てられています。

  • 「房」

    房に使う糸は、厳選された絹を国内で精錬し、経尺(へじゃく)、撚りかけ、玉付けの行程を経て組上げに至ります。さらにお念珠用の糸はそこから撚り房にされるべく専用の機械にかけられます。最後の糸の撚りかけ作業の微妙な加減は仕上がりを 左右する非常に重要な行程です。

  • 「組」

    お念珠の組みに慣れるには毎日やっても数年かかり、一人前の職人になるには時間がかかるものです。 ひいらぎのお念珠は数十年のベテランの男性職人が編んでいるので使い込んでもゆるみが出にくい仕上がりになっています。


オンラインショップ限定の色合わせ

ひいらぎのお念珠

ご夫婦でもお使いいただけるように、珠の種類を桜で統一しています。 国産の桜の木を削って仕立て、表面を素挽きの状態にしているので、男性にも使いやすい控えめな印象です。 それぞれ上品な組み合わせになるよう、薄いアイボリーの房と焦茶の房を付けました。

ひいらぎのお念珠

中川政七商店オリジナルで大人の女性に似合う色合わせを組み合わせました。やさしいオレンジ系やシックな紺系など、お好みのものだと念珠をもっと身近に感じてお持ちいただけると思います。


セミフォーマル

13の商品

表示方法
ピックアップ
詳細一覧
並べ替え
発売日
価格(高い順)
価格(安い順)
13件あります
閉じる
カートに入りました
カートを見る