大和路 暮らしの間 第四回企画展「東吉野の手延べ素麺と葛餅」 開催期間:6月12日(水)~7月9日(火)


奈良県が発祥とされる食べ物は、饅頭、清酒、素麺、吉野葛餅など多数あります。

奈良は東吉野で創業した「坂利製麺所」は、地元に根付いた食文化から、素麺や吉野葛餅を開発するに至りました。創業当時、専業主婦であった創業者は、地元産業の林業に代わる安定した事業を志すと同時に、国産で安心・安全な食品作りにこだわっています。

伝統製法とそれに縛られない新しい発想を兼ね備え、独自開発の商品には、地元から遠方まで幅広くリピーターが存在します。

代表商品である、国産小麦の手延べ素麺から、吉野ならではの葛素麺、便利で美味しいフリーズドライ麺などが並びます。ツヤとコシが自慢の吉野の葛餅は、小分けタイプは食べきりサイズで便利です。日持ちもするので手土産にもおすすめです。

是非、東吉野の素麺と葛餅を夏の食卓でお楽しみください。


イメージ


在店(試食)のご案内
日程:6月15日(土)、29日(土)
時間:11:00~17:00(予約不要)
茹でたての素麺を、奈良伝統のめんつゆでご試食いただきます。手延べ葛そうめんは国産小麦粉に本葛を加え、手延べ製法で丁寧に延ばした、ツルツルとしたのどごしとコシのある歯ごたえが特徴です。素麺の製法背景などもお気軽にご質問いただけますので是非ご来店ください。

【場所】中川政七商店 近鉄百貨店奈良店 大和路スペース
【営業時間】10:00~20:00

その他の記事

よみものTOPに戻る