東京土産

 

東京都には、製造業で発展した街がいくつか存在します。そのなかでも墨田区は江戸の昔から日用品や生活用品を作る職人が多く住む「ものづくりのまち」として発展してきました。その伝統は現代にも受け継がれており、金属・繊維・皮革・紙・ゴム・食品・ガラスなど、多様な業種が集積する地域です。東京土産として最適な墨田区のものづくりをご紹介します。



廣田硝子 「Yグラス」
廣田ガラスは、墨田区錦糸町で100年以上続く硝子専門メーカー。日本を代表する工業デザイナー、柳宗理が1966年にデザインしたグラスを復刻しました。 一列に並んだつぶつぶが滑り止めの役割と共に デザインの特徴にもなっています。

Sサイズ ¥2200+税
Lサイズ ¥2500+税



大黒屋 「江戸木箸」
江戸木箸の歴史は100年以上の伝統があります。厳選された銘木を一膳一膳削り出し、磨いて作られる職人技。他に類をみないシャープな箸先こそが江戸木箸最大の特徴といえます。量産出来ない美しい箸はギフトにも喜ばれます。

縞黒檀・サティーネ・鉄木の八角箸 ¥1800+税~



オレンジトーキョー 「刺繍 ボタンフック」
オリジナルの繊維製品を企画製造するオレンジトーキョー。刺繍で作る小さなアートのようなボランフックは、シャツやブラウスのボタンに付けるだけで印象が一気に変わります。胸元やカフスのおしゃれに。

蝶ネクタイ、メガネ、鹿、蝶、花環など各種 ¥1400+税~


すみだ珈琲 「THE COFFEE HOUSE LIMITED #02」
墨田区錦糸町で、美味しい珈琲と落ち着いた空間を提供する「すみだ珈琲」。世界各国の厳選5種セットは、ティーバッグ感覚で簡単に淹れられて、驚きの本格的な味わいです。

話題のパナマ・ゲイシャも入ったスペシャルエディション。¥1300+税


他「宮川製菓 ニッキ飴」「隅田屋米」「両国東あられ」など、いずれも数に限りがありますのでお早目にご来店ください。

■日程

2019年4月24日(水)~5月21日(火)

■店舗
日本市 羽田空港第2ターミナル店
日本市 東京スカイツリータウン・ソラマチ店
日本市 日本橋髙島屋S.C.店
 

その他の記事

よみものTOPに戻る