【わたしの好きなもの】招き猫のにぎにぎ

こどもの成長をひしひしと感じるにぎにぎ

娘が段々と物を掴み始めてきた頃に、いろんなものに触れて欲しく「招き猫のにぎにぎ」を買ってあげました。
和風な雰囲気となんとも言えない猫の愛らしい表情がたまらないこのにぎにぎ。少し固めで、こどもの手の動きの体操に役立ってくれそう。娘も絶対気に入ってくれるはず。

ただ、買ってあげたときはまだにぎにぎが大きかったようで、掴むのが難しそうでした。そもそも「なんだこれは!?」と全く興味を示してくれず…。僕と妻がこのにぎにぎを気に入って買ったのですが、こどもへのプレゼントは難しいなと痛感し、失敗したかなと思っていました。
ですが、うれしいことに日を増すごとに娘は物をしっかりと掴んでくれるようになり、そして猫のにぎにぎにも興味を示すようになってくれました!




にぎにぎのおなかの部分を押すと、ピュッと笛の音が鳴るのですが、どうやらこれが気になる様子。大人が鳴らすと、「私にちょうだい!」と言わんばかりに満面の笑みで欲しがります。
まだ娘はその笛の音を鳴らせるほどの力はありませんが、小さな手でずっと持っていたり、こればかりと舐め舐めしています。

なかなか泣き止んでくれないときにあやす道具としても使えるので、親にもうれしい道具です。
笛の音を鳴らしながらにぎにぎを見せると、気が逸れるのか、おもちゃが欲しくて泣いていたのかはわかりませんが、泣き止んでくれることもあります!




他にもうれしい点がいくつかあります。顔や胴体部分の外側は綿100%の安心な素材で作られていること。こどもはなんでも口に入れますから、ちゃんとした素材で作られているのはうれしいですよね。
また、洗うこと(手洗い)ができるので、ひったひたになるまで舐められても問題なし。洗っていつも清潔にしておくことができます。
洗いたては笛が鳴りにくくなりますが、しっかり乾かして何度か押せばまたちゃんと鳴り出しますよ。




最初は掴むのに必死だったのに、7ヶ月になった今やしっかり持って、たまに投げ飛ばしたりするくらいです。
いつのまにそんなことができるようになったのかと、こどもの成長をひしひしと感じることができています。




こどもも気に入ってくれたので、お出かけのときも持ち歩きます。
でもお出かけして早々に地面に落としてしまって、それをこどもに持たすわけにもいかないので、ずっとかばんにしまい込むこともしばしば。
それだとかわいそうなので、お出かけのストック用に他の「こけし」や「犬張子」も買い足してみようかなと思っています。

まわりの友人や知り合いから、おめでたの報告も段々と増えて来たので、出産祝いにもぴったりだと考えています。
きっと喜ばれるので、その時が来たら贈ろうと思います。

編集担当 森田

その他の記事

よみものTOPに戻る