【わたしの好きなもの】麻ウールのあったか綿入れジャケット

ふかふかで軽くてお布団に包まれてるような心地よさ


冬の防寒といえば、ダウンジャケットを思い浮かべますし、私も持っています。
確かに暖かいのですが、ちょっとカジュアルだなと思う時もあります。
大人っぽい装いで出かける時に似合うアウターとして、今年取り入れたのが「麻ウールのあったか綿入れジャケット」です。

このジャケットは、やさしいふかっとした肌触りがまるでぬくぬくとお布団に包まれているような感覚になるんです。
ダウンジャケットと変わらない軽さは、肩に重さを感じず過ごせます。普通にニットを来ていても、軽く袖を通せて窮屈さもありません。


麻ウールというだけあって、表地はウールだけよりさらっとしていますが、麻だけよりも暖かみを感じる手触りです。
少しシワ感があり自然な風合いが、こなれた感じに見えたります。
麻はもともと繊維の中に含まれる空気が多く冬でも暖かいという特徴がありため、ウールを混ぜてさらに保温効果がアップしています。
中綿も蓄熱効果の高い素材で、膝の上に乗せているだけで、じわっと暖かくなるほど。


袖口や裾は縫い目がなく折り返してあるので、ふわっとやわらかい表情です。
ふかふか、ふわっとしていますが、ダウンのようにもこもことした厚みがないので、
薄いわけではないのに着回しやすい。
車で出かけるときにも、ちょうどいいんです。暖房が効くまでジャケットを着たままでも運転しやすいし、
そのまま着ていれば暖房を効かせすぎなくてもいいのでエコです。


首元は襟が立ち上がっているので、寒さを防いでくれるし、ふかっとやわらかいので巻きものを
巻いたときには邪魔になりません。


肩こりの私は、とにかくこの軽くて暖かくてもこもこ窮屈感がないというのが最高です!
待ってましたのアウターは、毛玉もできにくく毎年永く着ていきたい定番となりました。

編集担当 今井
 

その他の記事

よみものTOPに戻る