「蚊」取り線香×「蚊」帳生地ふきん 金鳥とコラボレーションした商品を発売します


日本の夏、といえば・・・


縁側に蚊取り線香のある風景。



そして、その渦巻き型の蚊取り線香を、世界で初めて作ったのは

日本を代表する関西の企業「金鳥」(大日本除虫菊株式会社)です。



この夏、中川政七商店では

「蚊」取り線香の金鳥と、奈良県産「蚊」帳ふきんをはじめとする

コラボレーション商品を作りました。



皆さんにもおなじみの、あの蚊取り線香のパッケージや絵柄をそのままに、

夏がまたいっそう楽しくなる暮らしの道具ができました。





・金鳥の夏 日本の夏 ふきん ¥500+税

・金鳥の夏 日本の夏 巾着入り金鳥の渦巻 ¥3,000+税

・金鳥の夏 日本の夏 九谷焼小皿 ¥2,800+税





金鳥の渦巻(蚊取り線香)も、一世紀以上に渡り

夏の暮らしに欠かせない道具として、愛されています。

私達も同様に、かつて奈良の名産だった「蚊帳」の生地を現代の暮らしの中でとらえなおし

「蚊帳生地ふきん」として、再び暮らしを支える道具として立ち上げました。

お互いに「日本のものづくり」を受け継ぐ企業として、

今回のコラボレーションが実現しました。





金鳥が、関西初の企業ということで、

「日本の土産もの」を打出す 日本市 ルクアイーレ店にて<先行発売>!

(線香だけに?!)



そして、

6月からは、日本市・中川政七商店全店と公式オンラインショップでも

発売します。



これからの季節、

アウトドアのレジャーや庭先のガーデニング、軒先での夕涼みと

蚊取り線香とともに、楽しいひとときを。



 

その他の記事

よみものTOPに戻る