大和路 暮らしの間 第五回企画展「三郷町の雪駄」 開催期間:7月10日(水)~8月9日(火)


奈良は履物を地場産業とする地域も多く、とりわけ三郷町では多くの農家が副業として雪駄づくりを行なっていました。明治に入って服装の西洋化に伴い、雪駄の需要は減少し、職人も現在では数えるほどに減っています。

そんな中「雪駄の伝統と職人の技を未来に残したい」という想いで、株式会社ササガワは2008年に雪駄のオリジナルブランド「大和工房」を立ち上げました。

その特徴は、和装に最適なクラシカルなタイプから、岡山デニム・倉敷帆布・栃木レザーなど日本の伝統産業とコラボした、現代のファッションにも合うデザイン性の高い雪駄も多く手掛けています。

デザインだけでなく機能面においても独自の工夫があり、通常中央にある鼻緒の位置を親指側にすることで足入れの収まりが良く、履けば足馴染みの良さを実感させられます。

女性用、男性用と様々なデザイン・サイズの雪駄が揃います。是非お気に入りの一足を見つけにご来店ください。


■在店のご案内
大和工房の専門スタッフが製造のお話や雪駄の選び方、履き方のアドバイスをさせていただきます。フィッティングも行いますので、サイズ選びにお悩みの方はこの機会をご利用ください。

<日時>
・7月14日(日) 11時~17時
・7月21日(日) 11時~17時
・7月27日(土) 11時~16時
・7月28日(日) 11時~17時
・8月  4日(日) 11時~17時
(一部変更の可能性がございます。)

場所:中川政七商店 近鉄百貨店奈良店 大和路スペース
営業時間:10:00~20:00

その他の記事

よみものTOPに戻る