茶論

茶論茶道文化の入り口

「以茶論美(茶を以て美を論ず)」をコンセプトとした、中川政七商店グループの茶道ブランド。稽古・見世・喫茶の3つの場を通して、現代のライフスタイルに即した茶道の愉しみ方を伝え、茶道文化の入り口をひらきます。

MESSAGE

古くから日本人の暮らしの中にある、お茶。

かつて、お茶は「飲む」という行為を超え、 人を「もてなす」場でもありました。 その場の空間を隅々まで設え、季節の花を挿れる。 相手の笑顔を想いながら、お菓子を選び、器を合わせる。 その時かぎりの取り合わせに思い巡らせる。
「茶論」が茶道文化の入り口となり、 みなさまの美意識を磨く きっかけになることを願っています。