mggk

mg&gkちょこっと“もぐもぐ、
ごくごく”するための
有田焼の器のブランド

mg&gk(もぐとごく)は、ちょこっと「もぐもぐ、ごくごく」食べたり飲んだりするための有田焼の器のブランドです。一息つく大切な時間を丁寧に過ごしたい人へ。ひとつひとつ心を込めて手描きで作っています。

MESSAGE

ちょこっと“もぐもぐ、ごくごく” するための器

17世紀初期、日本で初めて磁器が焼かれたのが、佐賀県有田町でした。以来400年間“日本の磁器のふるさと”として、食器や美術工芸品を中心としたものづくりが続けられてきました。
そんな有田焼の魅力をより多くの方に知ってもらうために生まれたのが、有田町で創業60年の窯元「渓山窯(けいざんがま)」による新ブランド「mg&gk」。

伝統的な有田焼でちょこっと“もぐもぐ、ごくごく” 食 べたり飲んだりするための器のブランドです。
第1弾として、一息つく大切な時間を丁寧に過ごしたい人へ、ちょっとしたスイーツとたっぷりの紅茶をゆるりと楽しむ「フィナンシェと紅茶の器」をつくりま した。

女性窯元が贈る、呉須を薄く描いた柔らかい手仕事

「mg&gk」で描かれるのは、呉須(ごす)と呼ばれる透明度の高い藍色の顔料。そんな有田焼らしい技法を通常より薄く描くことで、「渓山窯」3代目・篠原 祐美子氏の柔らかく優しい雰囲気を形にしました。またすべての商品が、有田焼の窯元で一つ一つ、手仕事によって絵付けされていることも特徴です。

creative direction & product design : Shizuka Tatsuno Studio
photo : Hideki Mizuta / Masaki Ogawa

※アンリ・シャルパンティエ オンラインショップにページリンクします。