KUTANISEAL
KUTANISEAL

2009年に九谷焼窯元・上出長右衛門窯と日本のものづくりをプロデュースする丸若屋が立ち上げたワークショップブランドです。クタニシールは「九谷焼をみなさんの身近に」をテーマに転写技術を使ったワークショップと製品を企画しています。
そもそも九谷焼とは、石川県の南部で作られている焼き物のこと。九谷五彩といわれるガラス質の美しい絵付けが特徴です。360年前に大聖寺藩の下で焼かれましたが、50年で廃窯。約100年後に再興され現代に至ります。ミステリアスな歴史を持つ伝統工芸です。
九谷焼は本来、職人が筆で絵を描くものですが、あらかじめ印刷された文様をシールのように器に貼付け、製品を量産する技術があります。低コストで職人による絵付けを再現することが出来ますが、逆に転写にしか出来ない表現の可能性もあります。それを使って遊んでみようというのがクタニシールなのです。

九谷焼とKUTANI SEAL

そもそも九谷焼って何?という人のために、簡単にご説明すると…。九谷焼は、石川県の南部で作られている焼き物です。九谷五彩と言われるガラス質の美しい絵付けが特徴です。360年前に大聖寺藩のもとで焼かれていましたが、50年で廃窯。約100年後に再興され、現在に至ります。
かつて、50年で突然廃窯になった理由はいまだ定かではなく、「謎」と「ロマン」があふれたミステリアスな歴史を持つ伝統工芸といえるでしょう。
そんな伝統工芸の九谷焼の老舗、上出長右衛門窯と日本のものづくりをプロデュースする丸若屋が立ち上げたブランドが「KUTANISEAL」。豪華絢爛なイメージの九谷焼を、もっと身近に、普段使いしていただけるものを作り出しています。

KUTANI SEALの遊びゴコロ

九谷焼は本来、職人が筆で絵を描くものですが、あらかじめ印刷された文様をシールのように器に貼付け、製品を量産する技術があります。そうすると、低コストで職人による絵付けを再現することができます。また逆に、転写にしかできない表現の可能性もあります。それを使って遊んでみようというのがクタニシールなのです。

該当する商品がありません。