【日本市 日本橋髙島屋】旅する日本市 岩手 1月8日(水)~2月4日(火)


日本市 日本橋髙島屋S.C.店にて「旅する日本市 岩手」を開催いたします。

岩手県は、都道府県としては北海道に次ぐ広大な面積を有し、肥沃な土地や海の幸が豊富です。中世には藤原氏の平泉文化が、江戸期には南部藩の支配による文化が花開き、多彩な技が生まれました。

茶の湯と共に発展した南部鉄器は、現在では世界にも通じるブランド品として発展しています。また岩谷堂箪笥や秀衡塗なども伝統的工芸品に指定されているほか、織物や染物など幅広い手しごとが今の暮らしにも根付いています。

東北・岩手らしい伝統の技や豊かな素材の数々を揃えて、皆様のお越しをお待ちしております。


▲900度の高温で釜焼きされる鉄瓶。七代続く老舗の伝統の技です


▲藤原氏の繁栄により発展した秀衡塗を五代目が継承しています


▲伝統的工芸品の岩谷堂箪笥の工房から、端材で作ったクラフトを


▲お祭りの衣装を手掛けてきた100年続く染物屋が丁寧に作る暮らしの道具


▲岩手県の最南部一関市にある、四代続く造り酒屋「世嬉の一酒造」から、南部杜氏伝統の清酒「手造り原酒 せきのいち」や純米吟醸酒、特別純米酒を数量限定にてご紹介いたします。
 


旅する日本市 岩手
期間:2020年1月8日(水)~2月4日(火)
営業時間:10:30~20:00
場所:日本市 日本橋髙島屋S.C.店

<出店> 敬称略
岩谷堂タンス製作所
及富
翁知屋 おおちや
京屋染物店
艸工房
幸呼来Japan
高倉工芸
彫金工芸菊広
プラム工芸
丸三漆器
世嬉の一酒造
 

その他の記事

よみものTOPに戻る