【はたらくをはなそう】遊 中川店長 桐山萌

 

2015年 入社 新卒8期生 遊 中川 本店 スタッフ
2016年 遊 中川 近鉄百貨店奈良店 店長
2017年 遊 中川 本店 店長


就職活動をしていたとき、未熟なりにたくさんの会社をみました。
そこでよく耳にしたのが、「日本はもう成長がない」「これからは海外だ!」という言葉。

そんな中で「海外展開も大事だけど、日本をもっと元気にしないと」
と漠然と思っていたところに出会ったのが中川政七商店でした。

それまで工芸には特別関心もなく、店舗の存在も知らなかったのですが
「日本の工芸を元気にする!」という言葉に惹かれたのだと思います。

今は仕事のおかげで産地の知識が増えて、
工芸との距離が近くなったことで大好きな旅行の楽しみが広がりました。

(河口湖で「辻が花染め」に感動したり、
鯖江で漆のお椀を買ってみたり、
九州の窯元に行くために運転を練習したり…)

きっかけはなんでもいいので、
そんな産地との出会いを作れればいいなと思っています。


働くうえで大切にしていることは
「時には自分を奮い立たせて挑戦すること」
「自分で改善していく視点を持つこと」

新人の頃は、自分の役割がどんどん増えていくことが嬉しく、
めまぐるしい毎日でした。

店長のお話をいただいたときは、
「自分の店」を作れることが怖くもあり楽しくもありました。


いま、店長の仕事に慣れてきて、
少しずつですが「もっと良くしたい」に
力を注ぐことができるようになりました。

放っておくといくらでもなまけてしまう性格なので
よきライバルと、実力以上の仕事を任せてくれる環境に
恵まれてよかったと思います。

もちろん気分が落ち込むとき、
頑張るエネルギーが足りなくなるときもあります。

そんなときは、日々来店してくださるお客様とのちょっとした会話に救われたり、
自分のお店含め、全国の店舗のスタッフ、本社の人たち
毎日必ず、前向きな誰かから元気をもらえます。

いつもありがとうございます!

これからは特に謙虚さを忘れずに
さらに挑戦していくことが目標です!
 

その他の記事

よみものTOPに戻る