【中川政七商店 表参道店】折形礼法と水引の融合、可愛いポチ袋を作ろう!ワークショップ


ご祝儀袋や不祝儀袋は、簡単に購入できる時代。大切な方への贈りものであっても、なかなか手作りで作る機会が少ないのではないでしょうか?

ですが、折形礼法は、昭和初期迄は女子のたしなみとして女学校教育の中で学び、ご祝儀袋や不祝儀袋は必要な時に各家庭で心を込めて折り使われていました。

例えば結婚式のお祝いは、その方が幸せになることを祈りながら折り、また逆にお葬式などの悲しみ事は、悲しみに寄り添う気持ちで折ります。まさに日本人の心を形にしたものと云えるのです。

本ワークショップでは、私達の人生の通過儀礼(喜び事、悲しみ事)に欠かせない折形礼法の基本的な作法は活かしつつ、進化している和紙や水引きで日本人の「相手を想う心」を、ポチ袋作りから体験していただけます!

日本の伝統文化、600年以上の歴史を持つ武家礼法「折形礼法」と「水引」を融合させ、手作りで可愛らしくアレンジしてみませんか?


「折形礼法」では雲竜和紙と手もみ和紙を使用した略式紙幣包を2点、越前和紙を使用したポチ袋1点を。

さらに「水引」では、あわじ結び(3本)のアレンジ、梅結び(3本)、ひと結びの3種類を各1点作成し、自宅でゆっくり作れる同教材(和紙と水引)の1セットをお持ち帰りいただける大変盛りだくさんの内容となっております。



水引の原料となる和紙は日本が世界に誇れる産物です。

水引は、和洋問わず様々な贈り物や、お洒落なリボン代わりにもお使いいただけます。

ポチ袋やご祝儀袋以外に、水引で作るピアスやペンダント等のアクセサリーは和服だけでなく洋服にも合わせやすく軽いのが特徴で、特にご年配の方には喜ばれます。

季節に合わせて浴衣用のかんざしや注連縄ほか、1月~12月まで様々な折形と水引結びなどもございますので、ご興味があればご案内させていただきます。

大切な方へ手作りの水引を贈りものに、またご自宅用でもお楽しみいただけますので、是非この機会にご参加お待ち申し上げております!


【日程】7月20日(土)
【時間】1回目 12:00~14:00/2回目 15:00~17:00
【定員】各回8名様前後
【場所】中川政七商店表参道店(東京都渋谷区神宮前5-43-7 1F)
【料金】¥3,780(税込)+別途材料費¥1,404~(税込)
【お持物】特にございませんのでお気軽にお越しください!

【ご予約方法】
■電話受付
中川政七商店表参道店 TEL:03-3409-2260
※受付時間は営業時間中11:00~19:00で承ります。

■WEB受付
https://docs.google.com/forms/d/1sRfYT75y2BhbzLiL_7HVR6wOP3Uk9IJ2eE8Jfvk_wj8/edit  

※ご予約方法はお電話、WEBどちらでも可能です。
※Webでご予約いただいた方
 ご予約日より3日後までにご予約確定と詳細の連絡をメールにてお送りします。3日を過ぎても連絡が来ない場合は、お問い合わせください。
※満席となり次第、受付を終了いたしますのでご了承ください。

【ご質問窓口】
中川政七商店表参道店イベント担当 TEL:03-3409-2260


【講師プロフィール】
類家 三枝子
礼法講師、ビジネスマナー講師としてテレビ(NHK、テレビ東京、テレビ朝日)日経電子版、ワークショップ、百貨店、教育委員会、専門学校などで活躍中。「折形礼法・水引カルチャー倶楽部」主宰。2018年度「OMOTENASHI Selection」体験部門受賞。

その他の記事

よみものTOPに戻る