20色の花ふきん

8月7日は花ふきんの日

かや織の産地、奈良からお届けする中川政七商店の「花ふきん」。皆様に愛され、お使いいただいていることに感謝の気持ちを込めて「花ふきん」の名にちなみ8月7日(ハ・ナ)を「花ふきんの日」とすることにしました。
それを記念して、夏限定で20色の花ふきんを販売いたします。どうぞ、これからも「花ふきん」が皆様の傍で、優しく心地よい存在でありますように。


8月7日は花ふきんの日

20色の花ふきん

20色の花ふきんは、季節を感じる花の色をお楽しみいただけるように、20種類の花の名前が付いています。

季節にあわせてふきんを変えてみる。
夏の手土産は、夏色にしようかしら。
お誕生日が秋だから秋の花にしてみよう。
あの人にはやっぱり桜が似合うから・・・。

毎日の暮らしに彩りを添えてみませんか。

【数量限定】20色セット
20色の花ふきん全色が詰まったセットです。開けた瞬間、花束のような色とりどりのふきんに喜びの声があがるはず。
贈りものや、友人たちとの集まりの手みやげに、きっと華を添えてくれますよ。
【数量限定】20色セット

-「 誕生のお話 」-
最盛期には全国の8割が生産されていたという、奈良県の伝統産業の蚊帳生地。
生活様式の変化によって、需要が減ってきたこの素材で、ものづくりが出来ないかと考えていました。
そんな時に蚊帳生地の肌ざわりのよさと、手にふんわりとなじむことから、毎日の食事の支度や片づけで手にするふきんにしたらどうだろうと、季節を感じる花の色に染めてみました。
20色の花ふきん

8月7日は花ふきんの日

よく吸ってすぐ乾く花ふきん

中川政七商店の定番としてお使いいただいている花ふきん。わたしたちも毎日朝から帰る時間まで、使って・洗って・乾かしてを繰り返して使っています。
朝のお茶を飲んだ洗い物に使っても、昼には乾いているので、昼食時の洗い物に使います。夕方には乾いているので、コーヒーカップなどの洗い物にまた使います。帰宅時には、明日のために1日使った花ふきんをあらためて綺麗に洗って干して帰ります。毎日たくさんの社員のために頑張ってくれている、わたしたちの花ふきん。使い込むほど、ふわふわになっていくので、新しいものより使い込まれた方が人気なんですよ。


  • 遊 中川 花ふきん 着物を包むのにも使うたとう紙がパッケージの遊 中川の花ふきん。やさしい色合いのシリーズです。

  • 中川政七商店 花ふきん 色鮮やかな中川政七商店の花ふきんは、カジュアルに手土産としても喜ばれる色合わせです。

  • 花ふきん 格子 糸を染め、縞に織った蚊帳生地を2枚重ね合わせることで格子を表現した花ふきん。

21の商品

並べ替え
発売日
価格(高い順)
価格(安い順)
21件あります

花ふきん

閉じる
カートに入りました
カートを見る