遊 中川テキスタイル 紫陽花

遊 中川の真田紐

曇り空の多くなる梅雨の時期に、明るい色彩で華やぎを与えてくれる紫陽花をモチーフにしたテキスタイル。紫陽花は別名で「手鞠花」「四平」「八仙花」などとも呼ばれ、「あづ(集まる)」「さあい(青い花)」をつなげた「あづさあい」が変化して現在の名前になったといわれています。手績み手織りの麻生地に、手捺染と呼ばれる技法で絵柄を染めました。染めを何回も重ねることで、紫陽花の花びらの重なりや繊細な色の変化を表現しています。

遊 中川のテキスタイル一覧

7の商品

表示方法
ピックアップ
詳細一覧
並べ替え
発売日
価格(高い順)
価格(安い順)
7件あります
閉じる
カートに入りました
カートを見る