酒吊りライトプロジェクトについて

「さんち 〜工芸と探訪〜」掲載記事より抜粋して転載
写真:mitsugu uehara、Mitsumasa Fujitsuka、隈研吾建築都市設計事務所、谷口・青谷和紙株式会社


酒吊りライト

新国立競技場の設計に携わるなど国内外で活躍する建築家、隈研吾が、ある日本の酒造のために設計した照明が今年、特別に一般販売されます。手がけた建築の照明を販売することは、数々のプロジェクトの中でも初の試みです。

照明の名は「酒吊りライト」。
山口県東部、岩国市の「獺祭 (だっさい) ストア 本社蔵」のためにつくられました。

酒吊りライト

ここは、お米を磨き抜いた味わいで一躍、世界的人気となった銘酒「獺祭」の製造元である、旭酒造の本社兼店舗。獺祭の試飲・購入ができる場所として、2016年に隈研吾建築都市設計事務所 (以下、隈研吾建築事務所) が設計しました。

酒吊りライト

しかし、わずか2年後の2018年夏、西日本を襲った集中豪雨で被災。店舗は一時腰の高さまで浸水し、営業中止を余儀なくされます。

酒吊りライト

隈研吾建築事務所は店舗の復旧に全面協力するとともに、製造元である旭酒造にひとつの提案をします。

「酒吊りライトを販売して、その売り上げを義捐金として復興活動に寄付するのはどうでしょうか。」
こうして始まったのが酒吊りライトプロジェクトです。

酒吊りライト

【素材:和紙】そこにあるだけで光の質を変えるもの

「酒吊りライト」の素材には内壁と同じく和紙が使われています。手がける建築は常に「形からでなく、マテリアルから発想する」という隈さん。

隈さん:「和紙は不思議な素材で、ただ乳白な膜というだけではないんですね。トランスルーセント (半透明) な素材って他にもすりガラスとか色々あるけれども、和紙はなぜかそこに置いただけで、光の質を変える力があります。最初にイメージした夢のような家、その内装を繭のような空間にしたいと思ったときに、和紙はぴったりの素材だったんです。」

酒吊りライト

【形:袋吊り】製造プロセスに宿る、削ぎ落とされたデザイン

もう一つ特徴的なのが、何と言ってもこのしずくのような形状です。「酒吊り」という名前の由来にもなっているこの形は、かつて全国の造り酒屋でも行なっていたという古い日本酒づくりの工程にヒントを得たそう。

隈さん:「『袋吊り』という工程で使う、もろみを入れ、酒を絞る袋をモチーフにしているのですが、僕らはそうしたものづくりのプロセスに普段からとても興味を持っています。例えば何かを貯蔵するための樽や加工のための道具など、プロセスの中にあるデザインってとてもかっこいいんですね。作っているものの臨場感や、削ぎ落とされたいいデザインがそこに宿っている。今回もそうした素材がないか調べる中で出会ったのが、この袋吊りです。実は特殊な作り方をしているのですが、今見ても、やっぱりすごい技術だなと思いますね。本当にシームレスに作られているもの。」

隈さんが改めて感心するように、このライト、照明に詳しい人から見てもとても珍しい構造をしているそうです。立体を支えるために通常入っているはずの骨組みが、一切使われていないのです。

酒吊りライト

【技術:立体漉和紙】時代を超えて長生きするものに

骨組みのないぽわんとした形を作るため、鳥取県青谷の谷口・青谷和紙と建築家 隈研吾の協同で一体成型の製作限界にチャレンジ。全国でも珍しいという「立体漉和紙」の技術を使った、独特のやわらかな光が特徴です。

酒吊りライト


【並び替え】
新着順
価格が安い
価格が高い
【表示件数】
15
20
40
60
【在庫有無】
すべて表示
すべて表示(在庫あり優先)
在庫ありのみ表示
在庫無しのみ表示

1件~2件(全2件) 前の15件 次の15件        1
【予約商品】酒吊りライト 大 [1206-0045-200-03]
販売価格:¥48,600(税込)
【予約商品】酒吊りライト 小 [1206-0045-200-01]
販売価格:¥37,800(税込)


1件~2件(全2件) 前の15件 次の15件        1