そうめんくらべ

お中元の定番「そうめん」できました

夏のご挨拶といえば、そうめんを贈られる方も多いのでは。そうめんとひとくくりに言っても、実は色々な味わい・コシ・太さなど産地によってさまざま。そこで、全国 5 産地のそうめんを味わえる詰め合わせ「そうめんくらべ」を作りました。美味しいのはもちろん、楽しんで味わっていただける贈りものになりました。

そうめんくらべ

こだわりを味わう。全国五産地のそうめんを一堂に。

近世より原料の小麦、水、食塩の産地が近く、そうめんづくりが盛んな西日本から、5つの産地を厳選し、一箱に収めたアソートセットです。そうめんの“生産地”に着目することで、日本各地の風土に根づいた「ものづくり」の視点と、素材が持つ本来の特性や奥深さを堪能いただきたいという想いから誕生いたしました。 のどごし・コシ・風味など各地で育まれた、そうめんへのこだわりを、それぞれに異なる味わいを通じてお楽しみいただけます。

そうめんくらべ

そうめん発祥の地といわれる奈良と生産が盛んな西日本の産地から。

国産小麦を使用し、産地ならではの材料・手法で作られたそうめん。のどごし・コシ・風味など、それぞれに異なる味わいをお楽しみいただけます。

■島原 たなか
天草一揆の後に、小豆島から素麺作りが伝わったとも言われる島原素麺は、現在では国内有数の素麺産地。独特のコシと食感が特徴です。

■岡山 かも川
江戸中期より、麺作りの盛んな岡山は小麦作りに適した晴れの多い乾燥した土地。その頃からの伝統技術を継承する素麺は弾力に特徴のある麺です。

■小豆島 銀四郎
慶長年間より伝統が続く小豆島素麺。小豆島銀四郎の国内産小麦粉を使って造られた素麺は、もちもちのコシと小麦の甘みが特徴です。

■播州 ゆもと
「播州」龍野は素麺作りが盛んな地、揖保川の清流、温暖な気候と昔ながらの手延べ製法がコシのある素麺を作ります。

■奈良 坂利
素麺発祥の地といわれる奈良で国産小麦粉と圧搾一番搾りのごま油にこだわる素麺は、すっきりとしたのど越しの良さが自慢の麺。

そうめんくらべ

贈る相手に合わせたサイズ感

2種類のサイズをご用意しました。10把入りの小は、お一人様やちょっとした話題性で贈りたい方に。たっぷり30把入りの大は、ご家族で楽しんでいただける量です。さらに大サイズのみに、ツルンとした口当たりと歯ごたえが特徴の、奈良の葛そうめん(5把)が入っています。


該当する商品がありません。