中川政七商店



越前塗りの片口屠蘇器

一年の無病息災を願う「お屠蘇」のための器

江戸中期より福井県鯖江市で代々漆上塗りを家業とし、越前漆器を継承してきた漆琳堂と、新年を祝う屠蘇器をつくりました。「屠蘇」には「邪気を屠り(ほふり)、魂を蘇らせる」という意味があるとされ、元旦に屠蘇を飲むことで、一年の邪気を払い無病息災を祈ります。

越前塗りの片口屠蘇器

現代の暮らしにあった、より身近なかたち

本格的な屠蘇器は銚子・盃・盆・盃台で一式となりますが、暮らしの中心が座敷からテーブルと椅子に変わった現代に合わせて盆と盃台をなくし、もっと身近で気軽に楽しめる片口と盃のセットにしました。盃も普段使いの酒器としてもご使用いただけるよう、やや小ぶりに仕上げています。

越前塗りの片口屠蘇器

塗師が手作業で仕上げたつややかな漆塗り

屠蘇器は片口も盃も塗師がひとつひとつ手作業で漆を塗り重ねています。漆特有のベールが一枚かかったような上品な光沢感や、手にしっとりと吸い付くような質感は漆ならでは。手に取ると自然とあらたまった気持ちになります。

越前塗りの片口屠蘇器

元旦だけでなく、お祝いごとや節句のときにも

一般的な屠蘇の飲み方は、祝い膳(おせちやお雑煮)を食べる前に、年少者から順番に小・中・大の盃で 3 回に分けて飲みますが、地域やご家庭の風習に沿った飲み方でお楽しみください。元旦にはもちろん、お祝いごとや節句などの行事のときにもおすすめです。

越前塗りの片口屠蘇器

[商品番号:1411-0058-200]

販売価格:¥17,280(税込)

注文数:

カートへ

在庫状況:○

この商品のレビューを書く

商品説明

江戸中期より福井県鯖江市で代々漆上塗りを家業とし、越前漆器を継承してきた漆琳堂と、新年を祝う屠蘇器をつくりました。
「屠蘇」には「邪気を屠り(ほふり)、魂を蘇らせる」という意味があるとされ、元旦に屠蘇を飲むことで、一年の邪気を払い無病息災を祈ります。現代のご家庭でも日本の伝統的な風習を楽しんでいただきやすく、普段使いの酒器としてもご使用いただけるよう、小ぶりに仕上げました。一般的な屠蘇の飲み方は、祝い膳(おせちやお雑煮)を食べる前に、年少者から順番に小・中・大の盃で3回に分けて飲みますが、地域やご家庭の風習に沿った飲み方でお楽しみください。

商品詳細

素材 片口:漆塗装・木粉と雅樹脂成型品/三つ組盃:漆塗装・フェノール樹脂/箱:桐箱
容量 片口:160ml(内容量は10分目表記)
内容 片口・盃(大・中・小) 各1個ずつ
備考 桐箱入り

商品サイズサイズガイド

サイズ 片口 盃大 盃中 盃小 桐箱
- φ7.9×6 φ11×3.7 φ9×3 φ7.6×2.3 23.6×11.5×5.7

単位:cm

お取り扱い上のご注意

お手入れ ●つけ置き洗いはお避けください。
●ぬるま湯か、柔らかいスポンジに台所用中性洗剤を含ませて洗い、柔らかい布巾で拭いてください。
●食器洗浄機は使用できません。
●金たわしや表面の粗いスポンジなどのご使用はお避けください。
●新しい漆器のにおいは、米びつの中に数日間入れておくと完全に抜けます。
お知らせ ●製品本来の用途に添って正しくお使いください。
●直火、電子レンジ、オーブンなどでは使用できません。
●金物のカトラリーは製品に傷をつけるおそれがございますので使用しないでください。
●冷蔵庫での使用、直射日光、乾燥した場所での保管はお避けください。
●天然素材を用い、職人による手作業で一つ一つ仕上げている為、色合いや風合いに個体差があります。
●漆は時が経つにつれ色が明るくなります。経年変化をお愉しみください。
●体質によりごくまれに塗料や漆でかぶれることがありますので、その場合は直ちに皮膚科の医師にご相談ください。

【店舗内検索キーワード】 中川政七商店 漆琳堂 越前漆器 コラボレーション ギフト対応 贈り物 贈りもの 食器 おとそ お屠蘇 正月 おせち

【商品コード】 1411-0058-200

Customer Review
商品レビューを書く場合はログインしてください。