• 中川政七商店
  • 遊 中川
  • 日本市
  • その他ブランド
  • お問い合わせ

300周年EC

HHP   日本全国工芸の旅
     
  • 長崎博覧会
  • 新潟博覧会
  • 奈良博覧会
  • 三百周年商品
  • 過去のイベント一覧

長崎博覧会

  • 【日時】2016/9/23(金) 15:00~16:30(開場14:30)
    【開催地】長崎県
    【概要】「HASAMI」に続き、次々にブランドを発表。新しい取組みも活発に行い、業績を伸ばし続けるマルヒロ。2009年にコンサルティングの依頼を受け、ともに経営を立て直した中川政七商店の十三代 中川 淳が、マルヒロの経営術について包み隠さずお伝えします。
  • 【販売期間】2016年8月23日 9:00~9月14日 23:59
    【概要】中川政七商店三百周年記念として開催している大日本市博覧会。3回目となる「長崎博覧会」は「ハッピータウン波佐見祭り」と共に開催。ぐるぐるひぜんガイドブックは「ハッピータウン波佐見祭り」をはじめ、有田・波佐見・嬉野・武雄の4つの町で開催されるビッグイベントの公式ガイドブックです。

新潟博覧会

 
  • 【日時】2016/10/6(木)17:00~18:00
    【開催地】新潟県
    【出演】國定 勇人、中川 淳
    【概要】中川政七商店と三条市が地元企業のコンサルティング、燕三条 工場の祭典、コト・ミチ人材事業、新潟博覧会などに取り組んできた2011~2016年の5年間を時系列で振り返ります。産地を支えるステークホルダーとして行政の目指す姿とは。行政から見た産地の未来について、國定市長の狙いと意図を中川淳がひも解きます。
  • 【日時】2016/10/7(金)16:00~17:30
    【開催地】新潟県
    【出演】羽田 純、和田 瞬佑、山田 立、SPREAD、山田 遊
    【概要】近年、日本各地の産地で開催され、その動向が注目されているオープンファクトリーの試み。銅器や漆器、螺鈿細工の産地として名高い富山県高岡市の「高岡クラフツーリズモ」と、金属加工の産地として全国的に有名な新潟県三条市・燕市の「燕三条 工場の祭典」。それぞれの産地での活動を紹介するべく、同じ北陸地域で開催されている2つのオープンファクトリーのイベントが初めて連携し、東京と高岡で展示とワークショップ、そしてトークショーを開催してきました。ここ、燕三条でのトークがその総決算となります。
  • 【日時】2016/10/8(土)16:00~17:00
    【開催地】新潟県
    【出演】山井 太、中川 淳
    【概要】地元・燕三条の優れた技術を活かし、良質なアウトドア用品を製造する株式会社スノーピーク(以下、スノーピーク)。産地でのものづくりという共通点を持つスノーピークと中川政七商店、その2社のトップである山井太氏と中川淳がビジネスという切り口でものづくりについて語ります。
  • 【日時】2016/10/9(日)14:00~15:00
    【開催地】新潟県
    【出演】能作 克治、玉川 基行、中川 淳
    【概要】2016年創業100周年を迎える能作、200周年の玉川堂、そして300周年の中川政七商店。3社に共通するのは工芸というものづくりに長く携わる老舗であること。偶然にも周年が同年である3社の、次の100年へ向けた野望とは。産業観光としての工芸の未来に向けて熱く語る1時間。
  • 【日時】所要時間: 2時間程度
    ①2016/10/8(土)15:00~17:00
    ②2016/10/9(日)11:00~13:00
    【開催地】新潟県
    【概要】石川県の伝統工芸である九谷焼をもっと身近なものにしようと生まれたブランド「KUTANI SEAL」の絵付けワークショップ。あらかじめ印刷された絵柄をシールのように貼り付けて、自分だけの器を作ります。器は、「長皿」「ごはん茶碗大」「ごはん茶碗小」「マグカップ」のうちどれか一つをお選びいただけます。

奈良博覧会

 
  • 【日時】2016/11/3(木) 14:00~15:00
    【開催地】奈良県
    【出演】西畠 清順、三浦 雅之、中川 淳
    【概要】プラントハンターであり、そら植物園の代表である西畠氏には、中川との出会いから、日本の園芸文化の楽しさを再構築するブランド「花園樹斎」をともにつくり上げるまでの誕生秘話や今後の構想を伺います。また、昨年、世界的なグルメ本「ミシュランガイド」で一つ星を獲得した「清澄の里 粟」の経営者、三浦氏には、奈良と出会い、奈良で食文化を発信するに至るまでの経緯と今後の展開などについて語っていただきます。進行役を中川淳が務めます。
  • 【日時】2016/11/5(土) 14:00~15:00(開場13:30)
    【開催地】奈良県
    【出演】水野 学
    【概要】good design company 代表取締役の水野学氏と中川政七商店 十三代 中川淳。日本中の経営者がデザイナー探しに苦心する中、会社の枠を超えるパートナーとなった二人。奈良の小さな会社の経営者がデザインを依頼したあの日から、「THE」というブランドを立ち上げる共同事業者となり、そして三百周年事業を世の中に仕掛けるまで。中川政七商店との出会いから10年、ともに老舗ブランドを育ててきた知られざるエピソードや、これからが語られます。
  • 【日時】2016/11/6(日) 13:00~14:00(開場12:30)
    【開催地】奈良県
    【出演】岡本 彰夫、中川 淳
    【概要】春日大社の権宮司として在任中に恒例御神楽、式年遷宮諸神事、おんまつり等の旧儀再興、神饌や廃絶神楽の復興を成し遂げた岡本氏に、春日大社の式年造替にまつわる話を伺い、工芸の継承や奈良の工芸の今後について、中川淳と意見を交わします。奈良の生き字引とも言われるほど奈良に造詣の深い岡本氏から奈良の魅力を学びます。
  • 【日時】所要時間: 1時間半程度
    ①2016/11/1(火) 11:00~12:30
    ②2016/11/3(木) 11:00~12:30
    ③2016/11/6(日) 15:00~16:30
    【開催地】奈良県
    【概要】奈良にゆかりのある張子鹿と現代の鹿ビニール風船を組み合わせて生まれた新郷土玩具「鹿コロコロ」。中川政七商店の創業三百周年にあたる二〇一六年を機に「これから百年後に残る郷土玩具」を目指し制作しました。作り手である「たんぽぽの家アートセンターHANA」から講師を迎え、鹿コロコロの原型への絵付けを体験していただきます。
  • 【日時】所要時間: 2時間程度
    ①2016/11/1(火) 15:00~17:00
    ②2016/11/2(水) 11:00~13:00
    【開催地】奈良県
    【概要】「九谷焼をみなさんの身近に」をテーマに生まれた、石川県の上出長右衛門窯による九谷焼ブランド「KUTANI SEAL(クタニシール)」。転写紙(シール)を白い器に貼って、オリジナルの九谷焼を制作します。奈良博覧会では、奈良にちなんだ限定シールが登場!あなただけ、奈良博覧会だけの九谷焼を作りませんか。器は、「長皿」「ごはん茶碗大」「ごはん茶碗小」「マグカップ」のうちどれか一つをお選びいただけます。
  • 【日時】所要時間: 1時間半程度
    ①2016/11/2(水) 14:30~16:00
    ②2016/11/5(土) 15:00~16:30
    【開催地】奈良県
    【概要】日本から失われゆく郷土玩具を、少しでも多くの方が知るきっかけとなり、その存続の一助となることを願って小さなフィギュアにした「まめ郷土玩具」。そのフィギュアを飾るだけではなく、アクセサリーとして生活の中で身につけてほしいという想いを込めて、アクセサリーに仕立てるワークショップを開催します。キーホルダー・ヘアゴム・ネックレス・イヤリングなど特別に用意したパーツで世界にひとつだけのアクセサリーを作りましょう!
  • 【日時】所要時間: 2時間程度
    ①2016/11/4(金) 11:00~12:00
    ②2016/11/4(金) 14:00~15:00
    【開催地】奈良県
    【概要】靴下の端材を使って、靴下形のオーナメントを作ります。クリスマスにもぴったりのオーナメント作りに挑戦してください。2&9のオリジナルチャームとリボンをご用意しておりますので、オーナメントに素敵に飾りつけてください。完成したら2&9オリジナルの布袋に入れてお渡しします。プレゼントにもおすすめです。
  • 【日時】
    ①2016/11/2(水)13:00~14:00
    ②2016/11/2(水)15:00~16:00
    【開催地】奈良県
    【出演】桂 文鹿、笑福亭 生寿
    【概要】地元・奈良市出身の桂文鹿さん、笑福亭生寿さんが、奈良博覧会を笑いで包みます!全国で活躍されるお二人による一日限りの落語会。落語好きの方も、今までなじみがなかった方も、落語×工芸によって生まれる楽しい噺を聴きに、ぜひお越しください!
  • 【日時】
    ①2016/11/4(金) 13:00~14:00
    ②2016/11/4(金) 15:30~16:30
    【開催地】奈良県
    【概要】奈良が発祥の地となる日本最古の古典演劇、狂言。狂言には二つの流派があり、特に大藏流は「ならまち」から生まれた狂言です。出演予定は奈良市観光大使・大藏基誠さまと、地元の狂言師・竹内寛さま、増田健さま。丁寧な解説付きなので、初心者の方でも分かりやすくご覧いただけます。奈良で生まれ育った。大藏流狂言をお楽しみください。
 

300周年記念商品