馬場商店
BAGWORKS

長崎・日常食器・贈り物・縁起物をテーマに展開する馬場商店。馬場商店の陶磁器は、長崎県のほぼ中心に位置する波佐見町で作られています。江戸時代に磁器を初めて大衆化させた波佐見焼は、400年もの歴史をもち、その技術と伝統を育んできました。

ロゴマークには五弁花文(ごべんかもん)という文様をあしらっていますが、これは17世紀の伊万里焼・有田焼・波佐見焼の器の見込み(内側の部分)に描かれていた文様で、梅の花を意匠化した吉祥文です。

COLLECTION

藍駒
藍駒
手描きで引かれた線は、一本一本に濃淡や強弱が
あり、やや厚めの形はあたたかみのある仕上がり
になっています。鉢と皿の生地にはカンナ彫りを
ほどこし、器の表面に表情があるのが特徴です。
一覧ページ
いろはけ
いろは
江戸時代に長崎県波佐見町で作られていた庶民の
磁器食器に「くらわんか椀」というものがありま
した。高価な磁器を庶民でも使えるように、様々
な工夫を凝らして安く提供していたものです。
グレーがかった白磁に簡略化した呉須の文様が
特徴で、のびのびと描かれた絵付けの柄が魅力
でした。そんな当時のくらわんか椀の親しみある
素朴な風合いを再現しています。
一覧ページ
白磁杓掛
白磁杓掛け
杓掛けや流し掛けと呼ばれている技法です。
器を回しながら釉薬をひしゃくで流し掛けて
います。流れた跡が残りやすいように固めの釉薬
を用いており、自然の流れが生み出す変化に
富んだ「景色(模様)」を出しています。
一覧ページ
狛猫
狛猫
明治初期、輸出用に作られていた古伊万里を
イメージした陽刻のタタラ皿です。タタラ皿とは
ろくろなどを使わず、陶土を薄くのばして成形し
て作ったもの。そこに、暘刻で2匹の狛猫が浮か
び上がっています。2匹は対で「あ」「うん」に
なっており狛犬ならぬ狛猫として魔除けも担って
います。
一覧ページ
蕎麦猪口
蕎麦猪口
江戸中期、庶民の生活にも安価な磁器が
普及し始め、時を同じくして庶民の間では蕎麦屋
が大流行したことからそば猪口も大流行し、
豊富なデザインが生み出されました。
当時から繰り返し描かれている伝統的な文様や
色のもの、伝統的な技法を使って絵付けをした
ものなど、集めても楽しい蕎麦猪口です。
一覧ページ

該当する商品がありません。