ITO 工房織座
   
工房織座
愛媛県今治市は、かつてより綿織物の名産地。タオルといえば今治といわれるほどに発展してきたこの地で、独自の織機を駆使してストールを作っているという工房織座。

ストールを織るのは工房織座代表であり職人の武田正利さん。今治のタオル工場に40年間従事し、工場長として毎日織機に触れていたといいます。「高速で広巾を織るタオル織機は、どうしても縁の縫製が必要になる。様々な織機のメンテナンスをしながら、織機を知るうちにもっといいものを作りたい、生地の耳がきちんとある、無縫製のものを作りたいと思うようになった。」と武田さん。

今から約五年前に独立し、織機と織物を研究する日々が始まりました。昭和初期に作られ廃棄同然に扱われていた各産地の特色のある織機を全国から集めて復元、そして改良に改良をかさねて生み出したのは世界でひとつの織機「着尺一列機」です。低速で小巾を織るこの織機で、素材の風合いを活かした織り方や優しい肌ざわりを織物に残す方法、さまざまな模様の表現など、今も日々より良いものを追求し、奮闘されています。
  ITO 工房織座
     
ITO 工房織座 ITO 工房織座 ITO 工房織座
武田さんの「着尺一列機」でしか作れない織物「たてよこよろけもじり織」は、目を詰めすぎず空気を含んだ柔らかな織物。

織機を左右に走るシャトルの糸は、なくなる度に手作業で取り替えるそう。ストールの房も丁寧に人の手で撚られて作られています。

昭和初期に作られた「豊田式織機」。豊田佐吉により発明されたこの織機は、かつて日本手ぬぐいなどが盛んに織られていたものです。


該当する商品がありません。