タダフサ
庖丁工房タダフサ

昭和23年、ものづくりの街・新潟県三条市にて、初代 曽根寅三郎が裸一貫でタダフサを創業。曲尺で修業した鍛造技術を生かし、漁業用や収穫用などさまざまな刃物を手がけていましたが、現在は家庭用庖丁・プロ向けの本職用庖丁・こだわりの蕎麦切り庖丁などを中心に製造・販売しています。鋭い切れ味と長くご愛用いただける使いやすさにこだわり、職人が1丁1丁に気持ちを込めて仕上げています。「庖丁工房タダフサ」の庖丁は毎日の暮らしに合わせた使いやすい本格派。ナチュラルでやさしい印象のデザインは、女性にも親しみやすく、お料理やキッチンのテイストを選ばすにお使いいただけます。

タダフサの庖丁について

タダフサ
長く愛用できる庖丁
庖丁工房タダフサの庖丁は毎日の生活に合わせた使いやすい本格派の庖丁。 種類が多く選びづらい庖丁を「基本の3本」「次の1本」というわかりやすいシリーズ展開はもとより、使う人のために考えぬかれたさまざまな工夫がありました。それは、庖丁を長く愛用していただくための心遣いでもありました。

工房ならではのメンテナンス

切れ味を持続するには、定期的に庖丁を研ぐ ことは必要不可欠。もちろんご自分でも研いでいただけますが、研ぎ直しのサービスも行います(有料)。庖丁の箱の中に取扱説明書を兼ねた「庖丁問診表」というものが入っています。お客様自身がチェックでき、研ぎ直しの料金が分かるようになっています。また庖丁をお買上時の箱に入れて、郵送できるので、箱を保管していただきご利用ください。
タダフサ

名入れ承ります

大切な方のお名前や、ご自身の記念日など名入れをすることが出来ます。 毎日そして永く使うものなので、名入れをほどこした世界にひとつだけの包丁を、ぜひ贈りものにも。 アルファベットは、刻印で名入れいたします。 フォントは、ロゴマークをデザインされた廣村正彰氏が監修したもの。包丁の雰囲気とロゴのデザインに合った小ぶりのサイズになっています。

老舗の技が隠れています

特許技術から生まれた抗菌ハンドル
ハンドルに栗材を使用し、シンプルなデザインの中にぬくもりを感じる庖丁は、手に馴染み、女性にも扱いやすい軽さです。 栗材は、もともと鉄道の枕木などに使用される、堅くて腐りにくい材質です。さらに、その栗材をタダフサの特許技術から生まれた抗菌炭化木にしたものをハンドルにしています。抗菌炭化木とは、木材を炭の一歩手前の状態にした木材です。木材に菌が付着した際に栄養分となる水分や栄養がほとんどなく、菌が繁殖できないため死滅してしまいます。木材そのものが持つ質感が残っている、半炭化状態の木材です。
タダフサ
手造りによる切れ味
刃の部分は、ステンレス並みのクロームや炭素、モリブデン、バナジュウム等を含有する硬く粘りのある特殊合金を使用。一般的なステンレスに比べ、お手入れ次第では錆びも出てきてしまいますが、鋭い切れ味を保ちやすいのが特長です。 特にパン切り庖丁は、一般的な波刃ではない、まっすぐな刃。ほとんどパンくずが出ず、切り口がなめらかです。
タダフサ
プロダクトデザイナー 柴田 文江氏
武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業。 東芝デザインセンター勤務を経て、1994年Design Studio S設立。 やわらかい感性が生み出す自由曲面を駆使した造形、細やかな配慮の行き届いた仕上げ、過剰な自己主張を抑えながらも独特の温もりを感じさせる 存在感とオリジナリティが備わった造形力と正統的な着眼点などに特徴が ある。「コンビ ベビーレーベルシリーズ」「無印良品 体にフィットするソファー」「オムロン電子体温計」などをデザイン。
グラフィックデザイナー 廣村 正彰氏
愛知県生まれ。1988年に廣村デザイン事務所を設立。 日本デザイナー協会新人賞、N.Y.ADC 9th International Annual Exhibition銀賞受賞。 2008年 KU/KAN賞受賞。2009年 毎日デザイン賞受賞など受賞多数。 サインデザインを数多く手がける。 東京工芸大学芸術学部教授。特種東海ホールディングス AD顧問。

自宅でできるお手入れ 砥石

タダフサ
庖丁工房シリーズの砥石はご家庭用で使いやすい中型サイズの砥石です。 刃こぼれ修正[#400]から仕上研ぎ[#3000]まで4種の粒度からお選びいただけます。 普段使いなら#800の砥石1つで十分です。ステンレスの刃物であれば#1500で十分な刃付けが出来ます。鋼の刃物には仕上用の#3000があるとより良い刃付けが可能です。用途にあわせて粒度をお選びください。また、ご使用後は水で砥石全体の汚れをよく洗い落とし、水気を十分に拭き取って安全な場所に収納してください。

庖丁の研ぎ方

研ぐことによって、庖丁本来の能力を発揮させることが出来ます。庖丁を研ぐコツは、基本をしっかり学び、あとは慣れること。自分で研ぐことにより愛着がわき、実際にお使いになる際も、満足感をあじわっていただけます。また持っている庖丁の材質などもわかるので、次回購入時の参考にもなります。切れない庖丁を無理に使っていると危険です。包丁研ぎにチャレンジしてみませんか。
【タイミング】
庖丁は毎日使っているうちに刃先が摩耗して、どんどん切れにくくなっていきます。 特にプラスチック製のまな板を使用していると、切れ味もすぐ悪くなります。使用頻度にもよりますが、少なくとも2~3か月に一度は庖丁を研ぐことをお勧めします。
【砥石の準備】
砥石の表面は、いつも凹凸のない状態にしておきましょう。定期的に“面直し砥石”で平らにする修繕が必要です。刃こぼれがある場合は荒砥石が必要ですが、通常は中砥石で十分です。台所などで庖丁を研ぐ場合はぬれ雑巾などの上に砥石を置きます。砥石が動かないように注意してください。
※吸水性の砥石の場合、洗面器などに水を張り気泡が出なくなるまで約20分程度つけます。不水性の砥石はそのままでお使いください。
【研ぎ方】
1.庖丁は数回に分けて研ぐ
庖丁を研ぐときには、数回に分けて部分的に研ぎます。刃渡り15cm程度の庖丁であれば切っ先(先端)部分・真ん中・アゴ(手元)と順番に研いでいくようにしましょう。
2.砥石と庖丁の角度
◎上から見た角度
砥石に対して約45度の角度を保ちます。
横から見た角度
・片刃:図のように切刃(刃がついている面)の角度を一定に保ちます。
・両刃:庖丁の下に10円玉を3枚重ねた程度(約15度)を一定に角度を保ちます。
3. 表を研ぐ
利き手で庖丁を持ち、反対の手ではらを押さえ、表から研ぎます。手前から奥へ押し出すように動かし、戻す時は無理に力を入れず、軽く引きます。
4. かえりのチェック
表を研いでいて刃の先端にかえり(バリ)が出たら次の部分を研ぎましょう。庖丁の先端からアゴまで繰り返し行い、全体に刃のかえりが出たら表の研ぎは終了です。
5. 裏を研ぐ
・片刃:庖丁の裏面全体を砥石にぴったりと当てかえりが取れるように軽く研ぎます。砥石が平らな状態になっていることを確認してください。
・両刃:角度を約15度~20度に保ち、刃のかえりが出るまで研ぎます。
6. 仕上げ
◎仕上げ砥石がある場合:仕上げ砥石に変えて3~5の工程を同じように繰り返します。

◎仕上げ砥石がない場合:もう一度表から研いで刃をつけます。角度を15度~20度に保ち、砥石の上を滑らせ、かえりが取れるように2~3度軽く研ぎます。アゴを研ぐ際に口金があたる場合は庖丁を真横に近い角度にして研いでください。
7. 庖丁をきれいにする
研ぎ終わった庖丁は、水洗いし汚れを落とし、乾いた布でしっかり水分をふき取ってください。お湯をかけると乾きやすくなり殺菌効果もあります。

庖丁を研いでいくと、砥石の表面にネバネバした研どろが出ます。この研どろは、庖丁をうまく研ぎおろして鋭利な刃付けをするために必要です。水でどろを洗い流したりせず、研どろの上に水を少しずつ加えながら、研いでください。
・庖丁の角度を立てて研ぐと刃先が鈍角になり、後々のメンテナンスが大変です。正しい研ぎ方をする習慣をつけましょう。

・庖丁を研ぐ際、無理に力を入れないでください。無理に力を入れると、手元がぶれ、刃で怪我をする場合がございます。

・砥石に当てる角度を一定に保ってください。ぶれが生じた場合、刃身(ブレード)を傷つける恐れがございます。

・指が砥石に当たり指の腹の部分が擦れて擦過傷を起こす場合がございます。十分にご注意ください。

抗菌炭化木 まな板

タダフサ
庖丁工房タダフサが、庖丁と一緒に使ってほしいと、3つのサイズのまな板を作りました。シンプルなまな板はタダフサの特許技術から生まれた抗菌炭化木でできています。抗菌炭化木とは、炭の一歩手前の状態にした木材のことで、木材に菌が付着したときに栄養分となる水分や栄養がほとんどないので菌が繁殖できないのが特徴です。化学処理、科学塗料、樹脂加工を一切していない、環境に優しく、安心して使える天然抗菌のまな板です。
特許技術から生まれた抗菌まな板
シンプルなまな板はタダフサの特許技術から生まれた抗菌炭化木で出来ています。 抗菌炭化木とは、木材を炭の一歩手前の状態にした木材です。 木材に菌が付着した際に栄養分となる水分や栄養がほとんどなく、 菌が繁殖できないため死滅してしまいます。 木材そのものが持つ質感が残っている、半炭化状態の木材です。 化学処理、化学塗料、樹脂加工を一切使用していない、環境に優しい天然の抗菌まな板です。

【並び替え】
新着順
価格が安い
価格が高い
【表示件数】
15
20
40
60
【在庫有無】
すべて表示
すべて表示(在庫あり優先)
在庫ありのみ表示
在庫無しのみ表示

1件~1件(全1件) 前の15件 次の15件        1
タダフサ 包丁 万能210mm 牛刀 [1412-0035-200-82]
販売価格:¥10,800(税込)

SOLDOUT


1件~1件(全1件) 前の15件 次の15件        1