300周年記念酒器セット

3社あわせて600年の周年を祝う酒器

同じ年に百周年を迎える鋳物メーカー「能作」の徳利、二百周年を迎える銅器メーカー「玉川堂」の猪口。奇跡的なアニバーサリーイヤーに生まれた酒器は、どちらも三社の周年数字を足した六角形をモチーフにデザインしています。

Sake Set to Celebrate Combined 600th Anniversary of Three Companies

In the same year with Nakagawa Masashichi Shoten for 300th, Nosaku, a casting manufacturer, celebrates its 100th anniversary and Gyokusendo, a copperware manufacturer, commemorates 200th. Both Tokkuri, a sake bottle, byNosaku and Choko, a small sake cup, by Gyokusendo are designed in the motif of hexagon which is a sum of anniversary numbers of three companies.

300周年記念酒器セット

先人から受け継いだ技術が今に生きる六角の徳利

前田利家が開いた銅器の町、富山県高岡市で1916年創業の能作。この地に四百年伝わる鋳造技術を用いて仏具製造を開始しました。鋳造とは溶かした金属を型(鋳型)に流し込み、冷やして目的の形状(鋳物)にする製造方法。先人から受け継いできた技術が生きる六角の徳利は、重厚感のある凛とした佇まいです。

Skills from Forerunners in Hexagonal Tokkuri

In 1916, Nosaku was founded in Takaoka City, Toyama, where Toshiie Maeda opens and famous with copperware making. Nosaku started its business making Buddhist altar fittings with casting techniques that was handed down in Takaoka for 400 years. Casting is a manufacturing technique to make an object by pouring melted metal in a mold. This hexagonal Tokkuri with skills from forerunners has a certain dignity.

300周年記念酒器セット

使うほどに円熟味を帯びる「鎚起銅器」のお猪口

「鎚起」とは金「鎚」で打ち「起」こしながら作る製法のこと。世界有数の金属加工産地、新潟県燕市で創業200年の玉川堂の鎚起銅器は、現在国の「選択無形文化財」、「伝統的工芸品」に指定されています。使いながら乾拭きを繰り返すことで色合いに深みとツヤが増すのが特長です。使うほどに円熟味を帯びる器の表情をお楽しみください。

Hammered Copper Choko Gets Better with Using

Tsuchiki is a manufacturing technique to raise the material by hitting with a hammer. Gyokusendo has been in business for 200 years in Tsubame City, Niigata where is one of the best known metal processing area in the world. Its Tsuchiki copperware is designated as "Selective intangible cultural asset" and "Traditional crafts." Repeatedly dry polished as used, it will have deeper colors and grows the glaze. Enjoy the change of the look as using.

300周年記念酒器セット

産地同士の決意をこめた六角のデザイン

徳利、お猪口ともに三社の周年数字(一、二、三)を足した「六」にちなんだ六角の形をしています。デザインは「PRODUCT DESIGN CENTER」代表の鈴木啓太氏によるもの。六角形が隙間なく並ぶ造形は、“ハニカム構造” と呼ばれます。この六角の酒器には、蜜蜂たちが協力し合って巣を守るように「産地同士が手を取り合い、工芸を未来に繋いでいく」という決意が込められています。

Determination in Hexagonal Design

Both Tokkuri and Choko are designed by Keita Suzuki of PRODUCT DESIGN CENTER, in the motif of hexagon which is a sum of anniversary numbers(1,2, and 3) of three companies. Tightly arranged hexagons with no space between are cold honeycomb structure. This hexagonal sake set has a determination of "three districts cooperate with each other to pass the batons of industrial arts to the future."

300周年記念酒器セット

酒器に合わせたお酒も登場

周年記念の酒器にあわせて生まれた純米吟醸酒。奈良豊澤酒造株式会社のご協力のもと、奈良県産の酒米と酵母で作った奈良産まれのお酒です。ほのかな甘さとすっきりとした後味は様々なお料理に合わせていただけます。日本酒発祥の地、奈良ならではの風情のある味わいをお楽しみください。2016 年 1 月から本数限定での販売です。

Sake Comes along with The Sake Set

Sake to go along with the sake set. In a collaboration with Toyosawa Syuzou Co., Ltd., in Nara, this sake was made in Nara, with brewer's rise and yeast grown in Nara. Having a slight sweetness and clean finish, it goes well with any kind of dishes. Nara is known as the cradle of sake. Enjoy the tasteful sake that only Nara could do. Limited quantity is available from January, 2016.

300周年記念酒器セット

[商品番号:1411-0045-000]

販売価格:¥54,000(税込)

注文数:

カートへ

在庫状況:○

この商品のレビューを書く

商品説明

富山県高岡市の鋳物メーカー「能作」の百周年、新潟県の鎚起銅器メーカー「玉川堂」の二百周年、中川政七商店の三百周年。
2016年、日本の工芸メーカー3社が同時にアニバーサリーイヤーを迎えます。
奇跡的な符合を記念して、能作による『徳利』、玉川堂による『猪口』を組み合わせた酒器をつくりました。
いずれも3社の周年数字(一、二、三)を足した「六」にちなみ、六角の形をしています。
デザインは「PRODUCT DESIGN CENTER」代表の鈴木啓太氏によるものです。
六角形が隙間なく並ぶ造形は、〝ハニカム構造〟と呼ばれます。
この六角の酒器には、蜜蜂たちが協力し合って巣を守るように「産地同士が手を取り合い、工芸を未来に繋いでいく」という決意が込められています。

商品詳細

素材 徳利:錫/盃:銅(内側錫引き)/箱:桐箱/布:ポリエステル100%/紐:真田紐
備考 桐箱入り

商品サイズサイズガイド

サイズ 徳利
- φ7.2×13.3 φ4.9×5.6

単位:cm

お取り扱い上のご注意

お手入れ ●食洗機やタワシは使用せず、スポンジや布等で洗ってください。
●漂白剤やクレンザー等は使用しないでください。
お知らせ ●オーブンや直火にはかけないでください。
●電子レンジ使用可能です。

【店舗内検索キーワード】 300周年記念 限定商品 中川政七商店 コラボレーション ギフト対応 贈り物 贈りもの キッチン雑貨 食器 器 徳利 盃 300周年記念酒器セット

【商品コード】 1411-0045-000

Customer Review
商品レビューを書く場合はログインしてください。