石川 金沢箔 拭き漆金箔竹箸

北陸の気候風土がはぐくんだ金箔竹箸

製造に適した湿度と温度、水質に恵まれた北陸の気候風土により育まれた金沢箔。両方の先端が細い両口箸の中央を境に金箔を施し、「ハレとケがとなり合う」日常を表現しました。

Gilded Bamboo Chopsticks Brought up in Hokuriku Climate

Kanazawa-haku was inherited with the climate of Hokuriku that has suitable humidity, temperature and water quality for manufacturing. The half of Ryokuchibashi, chopsticks with the both ends are fine, gold leaf is put to express the everyday life with both public and private scenes are next to each other.

石川 金沢箔 拭き漆金箔竹箸

両口箸に込められた意味

両方の先端が細い両口箸。単に「どちら側も使える」というだけでなく、もともとは、神様と人がともに食事をする「神人共食」の意味があります。一見何気ないような形にも、与えられた恵みへの感謝を忘れない願いが込められています。

The Meanings in Ryokuchibashi

Chopsticks with both ends are fine is called Ryokuchibashi. It is not only both ends are in use, but also has the meaning of "Shinjin-kyoshoku" that means God and a human share the food. It is a simple shape but has an admonition not to forget the gratitude for the given blessings.

石川 金沢箔 拭き漆金箔竹箸

透明感のある拭き漆仕上げ

その語源が「麗し(うるわし)」、「潤(うるおし)」とも説があり、神秘的な光沢と格調高い色合いが古から人々を魅了してきた漆。なかでも拭き漆は、漆を塗っては布でふき取る作業を繰り返し、素材の表情を活かして仕上げる技法です。

Clear Fukiurushi Finish

The origin of a word "Urushi" is told "uruwashi (=beauty)" or "uruoshi (=moist)." Its mystic gloss and noble colors attracts people from ancient time. Fukiurushi is one of the Urushi techniques, that is to repeat putting Urushi and wiping off to leave material's individualities.

石川 金沢箔 拭き漆金箔竹箸

全国シェア98%の金沢箔を使用

お箸の中ほどから施された金箔は、気候風土に恵まれ、育まれた日本の金箔生産量の98%を占める金沢箔です。竹箸そのものの質感を楽しめる一方と、美しい金箔が光る一方とで、本来の両口箸の意味にふさわしい、「ハレとケがとなり合う」日常を表現しています。

Kanazawa-haku that accounts for 98% of Japan's production Are Used.

The gold leaf that is put on the half of chopsticks are Kanazawa-haku that accounts for 98% of Japan's production. Two different types of the end, one end to enjoy the feel of bamboo chopsticks and the other end with beautiful gold, express the everyday life with both public and private scenes are next to each other.

石川 金沢箔 拭き漆金箔竹箸

贈り物にもおすすめです

お箸は桐箱入りです。ハレもケも豊かに恵まれますように、の願いをこめて、新生活をはじめる人や新たなスタートを切る人へのお祝いにもおすすめです。

Good for Gift

The chopsticks are in a box made with paulownia. It makes a good gift for the person who starts a new life or new start, with the wishes for the blessings in both public and private life.

石川 金沢箔 拭き漆金箔竹箸

[商品番号:1405-0160-000]

販売価格:¥5,400(税込)

注文数:

カートへ

在庫状況:○

この商品のレビューを書く

商品説明

両方の先端が細く、神様とともに食事をする「神人共食」を意味する両口箸。
製造に適した湿度と温度、水質に恵まれた北陸の気候風土により育まれた「金沢箔」。
神秘的な光沢と格調高い色合いが古から人々を魅了してきた漆のなかでも、漆を塗っては布でふき取る作業を繰り返し、素材の表情を活かして仕上げる技法「拭き漆」。
中央を境に、金箔と漆を施し「ハレとケがとなり合う」日常を表現したこちらの祝い箸は、全国の産地メーカーご協力の元、中川政七商店の300周年を記念して作られた特別なひと品です。

商品詳細

素材 竹・本金箔
仕様 漆塗装(拭き漆)
備考 桐箱入り

商品サイズサイズガイド

サイズ 直径 全長
- φ0.5 25

単位:cm

お取り扱い上のご注意

お手入れ ●ご使用後は食器用中性洗剤で洗い、乾いた布で水分をふき取ってください。
●長時間、水に浸さないでください。
お知らせ ●食洗機はご使用いただけません。

【店舗内検索キーワード】 300周年記念 限定商品 中川政七商店 コラボレーション ギフト対応 贈り物 贈りもの キッチン雑貨 カトラリー 石川 金沢箔 拭き漆金箔竹箸

【商品コード】 1405-0160-000

Customer Review
商品レビューを書く場合はログインしてください。