花園樹斎

銅の水差し
motta

日本には四季があり、花見や盆栽など植物を愛でる独自の文化があります。
江戸時代に花開いた園芸文化は、大名から町人、農民まで、広く浸透しました。「小さな植物を愛でる」「床の間に植物を飾り、客をもてなす」。 花や緑を愛する心や育てる技術は、世界的にみても秀でたものでした。花園樹斎とは、当時の花形職業として君臨した植木商。彼らが江戸の人々を熱狂させた園芸ブームの仕掛け人と言われています。
三百年の時を経て生まれた「花園樹斎」は、目利きのプラントハンター西畠清順が見出す極上の植物と、創業三百年の老舗 中川政七商店のプロデュースする工芸が出会い、日本の園芸文化の楽しさを再構築するブランドです。
思わずそのまま"お持ち帰り"したくなるような、極上の植物たちとの一期一会をどうぞお楽しみください。